驚きの価格が実現! Roots Grass ( 【横山健モデル】 KEN G-SR-CHERRY ) グラスルーツ-エレキギター





Ken Yokoyamaのシグネチャーモデル"助六"が、ついにグラスルーツから登場!

ダブルカッタウェィにセットネック仕様、美しい杢目に正統派チェリーサンバースト、

雰囲気はそのままにESP直系グラスルーツならではの抜群のコストパフォーマンス。

ESP直系グラスルーツならではの抜群のコストパフォーマンス!

トラスロッドカバーなしやフロントはカバードピックアップ、ヘッド裏の健マークなど

うれしい限りの仕様も再現しています。

ESP製やエドワーズ製に比べれば材のグレードやつくりもグラスルーツですが、これで

ダンカンなど搭載すればもうかなりken気分は十分に伝わります!
まずはここから!


BODY (Top) Flame Maple Veneer, (Back) Mahogany
NECK Mahogany
FINGERBOARD Rosewood/22frets
SCALE 628mm
JOINT Set-neck
FRONT PU GH-1G
REAR PU GH-1G
BRIDGE Tune-matic/Teilpiece
CONTROL Neck Volume & Tone, Bridge Volume & Tone
Mini Switch PU Selector
COLOR Cherry Sunburst

ソフトケース付属

画像は入荷時に撮影したものです。お届けの商品とは木目や色合いが異なる場合がございますのであらかじめご了承下さい。


scrollbars.gif
↑ どうにも逃げ切れないようですね・・・。
元サイトはこちらからどうぞ。
» scrollbars.gif (GIF Image, 280×240 pixels) – Mozilla Firefox

驚きの価格が実現! Roots Grass ( 【横山健モデル】 KEN G-SR-CHERRY ) グラスルーツ-エレキギター


Epiphone ( エピフォン ) G-400 PRO(CH) 【by ギブソン SG エレキギター】【C3583 ジミヘンピックセット・プレゼント お買い得プライス! 】
普通のメールではなくて、より感情を伝えたいときにいいかもしれませんね。実際のサンプルもこちらで見ることができますよ。
fuzzmail.gif
ATV / aD-C12 aDrums artist 12インチ シンバル パッド《予約注文/9月28日入荷予定》【横浜店】
» Fuzzmail

驚きの価格が実現! Roots Grass ( 【横山健モデル】 KEN G-SR-CHERRY ) グラスルーツ-エレキギター


解説も何もないのでよくわかりませんが、スポンジ人間の1日を写真でつづったページがありました。

Epiphone by Gibson Limited Edition Matt Heafy SnØfall Les Paul Custom-7

↑ ちょwww、何やってんの!
よくわからないので誰か解説してくださいw。でもこういうの作るの楽しそうですね。
» Today is The Day

Roland 電子ドラム TD-17KV-S 3シンバル TAMAツインペダルスターターパック マット付き【WEBSHOP】《予約注文/11月初旬入荷予定》


easy.gif
Roland / TD-1DMK TAMAスタンダードセット【PNG】【3000円キャッシュバックWキャンペーン対象商品】

Read more

驚きの価格が実現! Roots Grass ( 【横山健モデル】 KEN G-SR-CHERRY ) グラスルーツ-エレキギター


有名かもしれませんが、詳しくは知らなかったのでご紹介。あのかわいいビクターマークの由来について。
hmv.jpg
SABIAN (AAX) O-ZONE AAX-12OZSP・・・。

フランシスの兄マーク・H・バラウドは「ニッパー」と呼ぶ非常に賢いフォックス・テリアをかわいがっていましたが、彼が世を去ったため、彼の息子とともにニッパーをひきとりフランシスが育てました。たまたま家にあった蓄音器で、かつて吹き込まれていた兄の声を聞かせたところ、ニッパーはラッパの前でけげんそうに耳を傾けて、なつかしい主人の声に聞き入っているようでした。

PEARL P-3001D<パール デーモンドライブ ドラムペダル>【店頭受取対応商品】
» 【 送料無料!】GRETSCH グレッチ・Catalina Club Street カタリナクラブ ストリート・ CC1-S463・Red Sparkle (RSP)【smtb-tk】
ちなみにレコード会社のHMV(His Master’s Voice)の社名もこれに由来しているらしいですね。こちらも知っておくと良いかもしれませんね。
» HMV – Wikipedia